倉俣萌(KURITAカンパニー)

舞台出演歴は決して長くないが、逆にそれが勢いとなって数々の劇団、ユニットへの客演をこなす期待の新人女優枠の一人。2017年から所属をKURITAカンパニーに移し、さらなる高みを目指している。

舞衆一ノ太刀への客演参加は二度目で、前回は団体の初ステージとなる「花街乱舞」に出演。主人公に対して不器用ながらも必死にくらいつく部下「馬之助」を演じ、そのまっすぐな演技が好評を得た。

 

その後「もう一度皆さんと舞台に立ちたいと思っていた」と語る彼女と舞衆一ノ太刀は初舞台からどのように成長を遂げるのか?