団員紹介:高田一樹

高田一樹【たかだ・かずき】

役者。殺陣師。作家。演出家。剣舞師。

新潟市西蒲区出身。1984年7月12日生。担当色は赤。

舞衆一ノ太刀の主宰にして最年長。

幼少より剣舞道峰精館で剣舞を習い、現在は師範である。雅号は「壱峰」。

 

 

年に5本以上のシナリオを作・演出し、曲の振付、団体のプロデュースまでを一手に引き受けつつ、他劇団への客演も数多くこなす。さらには他団体への剣術指導に赴き、剣術ワークショップも主催する。

その原動力は「モテたい(黄色い歓声を浴びたい)」 と言う下心と寂しがり故から来るものであるとメンバーは知っている。

最近の悩みは「筋肉痛がいつ来るかわからない恐怖に晒されていること」である。

 

 

出演歴(舞衆一ノ太刀結成以降)

 

2015年

蒲原ファンタジア「ヤマトタケル」/伊吹山の神

花街乱舞/義豊

劇団☆ASK「蛮幽鬼」/遊日蔵人

 

2016年

鳥弓尽蔵/八郎

ひの新選組まつり「最後ノ手紙」/土方歳三

舞台屋織田組第十三回本公演「太宰、その最後の愛人」/太宰治

佐渡汽船イベント「勇者トモキと時の絵本」 /佐渡皇帝

 

2017年

劇団ハンニャーズ本公演第34弾「におう女とかげない男」/来栖・ヤクザ④

舞衆一ノ太刀第一回本公演『花鳥風月』/義辰・卯圖八郎

みっくすじゅ~す倶楽部「午前三時のシュミレータ」/博士、男 など

 

2018年
舞衆一ノ太刀第二回本公演『城ノ華』/ 塚原卜伝・土方歳三
ひの新選組まつり『激闘!有名隊士決定戦』/土方歳三
Y2工房公演『嘘で本当の友情と3人の悪』/エドモン・モンテクリスト